財団法人 千葉県文化振興財団

アーティストャリエ

過去に千葉県文化振興財団の主催公演に出演した実績がある優れたアーティストの情報を、広く県民の皆さまにお知らせします。
アーティストに新たな活動の場を提供することで、県民が文化芸術に親しむ機会を広げていきます。

BACK
鳥海 仁子(とりうみ まさこ / 声楽(ソプラノ))
Last Update:2017/03/24(金) 11:07

1459212726.jpg
千葉県文化振興財団との関わり県民合唱団定期演奏会「ドヴォルザーク/レクイエム」ソプラノソリスト出演(平成24年度)、東総の第九2014ソプラノソリスト出演(平成26年度)


 ▼プロフィール
東京音楽大学声楽専攻(声楽演奏家コース)卒業、同大学院声楽専攻オペラ研究領域修了。在学中奨学生としてザルツブルク・モーツァルテウム夏期マスタークラス修了。ウィーン音楽ゼミナール・マスタークラス修了。2009〜2012年渡墺、ウィーンの音楽院にて発声法を学ぶ傍ら、教会にて宗教曲のソロ・ソリストを務め研鑽を積む。
これまでにリサイタルの他、千葉県民合唱団、千葉市音楽協会、江東区民合唱団、江東フィルハーモニー管弦楽団等、多数の合唱団・オーケストラと共演し、宗教曲・交響曲等のソリストとして出演。オペラでは在学中より「フィガロの結婚」、「薔薇の騎士」、「秘密の結婚」、(社)日本歌曲振興会「紫のドレス」(小林秀雄作曲)等に出演、また帰国後は渋谷シティ・オペラ「カルメン」タイトルロール、千葉市音楽協会60周年オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」サントゥッツァ役、クオーレ・ド・オペラ「蝶々夫人」タイトルロールにて出演。他に「トスカ」、「ルサルカ」、「ウィンザーの陽気な女房たち」フルート夫人、「死の都」マリエッタ等をレパートリーとする。2016年は長野県伊那市合併10周年記念特別公演や第16回日光金谷ホテル音楽祭に出演し活躍の場を広げている。(社)日本歌曲振興会第15回日本歌曲コンクール第3位、第5回全日本彩明ムジカコンコルソ第1位、第5回東京音楽大学コンクール第2位、第9回日本アンサンブルコンクール(リート・デュオ)優秀演奏者賞及び全音楽譜出版社賞、第22回ABC新人コンサート・オーディション出演、音楽賞受賞。千葉市音楽協会会員。

[No.39]
Miniりすと v4.01
Arr:公益財団法人千葉県文化振興財団