財団法人千葉県文化振興財団

財団のご紹介


千葉県文化振興財団とは

 千葉県文化振興財団は、県・市町村・県民(個人・法人・団体)の三者が一体となり地域文化の振興や、県民の自主的文化活動を支援することにより生きがいと潤いのある、世界に開かれた文化県千葉の建設に寄与することを目的として昭和61年3月26日に設立された公益法人です。

 平成24年4月1日に前身の財団法人千葉県文化振興財団から、公益財団法人千葉県文化振興財団として新たなスタートをきり、これからも千葉県の文化芸術の振興を図ってまいります。

 近年、日本国内の社会情勢は著しく変化し、物質的な豊かさのみでなく、精神的な豊かさが求められています。本県においても、県民の一人ひとりが文化活動に参加し、文化を享受しようという気運が高まってきています。

 そうした中、当財団では、多様な文化芸術事業を企画及び実施するとともに、県民の自主的な文化芸術活動の支援を通じ、先人から受け継いだ文化を新しい文化との融合によって一層発展させることにより、千葉県の文化芸術の向上に貢献しております。

 また、平成22年3月に策定した「文化振興ビジョン」を基に、国の文化政策や県の文化振興施策などとも連携して、千葉県下全域において、文化芸術の創造・振興や、将来の文化の担い手となる人材の育成、さらには幅広い文化芸術活動に資する文化会館の管理運営などの事業を実施しております。

 今後も千葉県民の多くの方々に生きがいと潤いを感じていただけるよう、より一層の努力をしてまいりますので、皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


主な事業

(1)文化芸術の創造、振興及び鑑賞普及事業
(2)文化芸術活動の支援及び人材の育成事業
(3)文化芸術資源の調査研究及び活用事業
(4)文化芸術情報の収集及び発信事業
(5)文化芸術振興のための国内外との交流事業
(6)文化芸術拠点施設の管理運営事業
(7)その他、公益目的を達成するために必要な事業