支援プログラムの概要(Ⅰ)

プログラムⅠ 伴走型(専門家からの助言など及び資金支援)

将来性のある豊かな才能を発掘し、アーティストとしてのキャリア形成に係る活動等に対し、専門家からの助言などの支援及び活動経費の一部を助成します。

【選考人数】

各分野1名又は1グループ

【支援内容】

〇人的支援

・活動(創造・稽古)場所、機材や作品の保管場所等の紹介

・作品制作及びキャリア形成への助言等

〇資金支援

活動経費の一部を助成 1件につき上限50万円

支援プログラムの概要(Ⅱ)

プログラムⅡ テーマ設定型(資金支援のみ)

設定したテーマで、他の芸術家の関心を高める独創性のある芸術活動を行う才能豊かなアーティストに対し、その活動経費の一部を助成します。

【設定するテーマ】

東京の隣接性を意識しつつ、千葉の豊かな自然環境(海、里山、川、水辺)をテーマにした芸術創造活動

【選考人数】

各分野1名又は1グループ

【支援内容】

〇資金支援

活動経費の一部を助成 1件につき上限50万円

申請者の資格

次の要件を全て満たす個人又はグループを対象とします。(支援プログラムⅠ・Ⅱ共通)

※グループの場合でも全員がアからウの要件を全て満たすことが必要です。

※申請時点で18歳未満の方は保護者の方の同意の上で申請してください。18歳未満の方が申請した場合は、保護者の同意を得たうえで申請したものとみなします。なお、採択された場合は、同意書の提出が必要です。

ア 千葉県に在住、在学、又は千葉県を活動拠点としていること

※支援期間の始期から終期まで継続して要件を満たしていることが必要です。

イ 絵画・彫刻、デザイン、軽音楽、コンテンポラリーダンスの分野において活動するアーティスト

ウ 令和7年3月31日時点で39歳以下の者

助成期間

令和6年4月1日から令和7年2月28日まで

申請の対象とならないもの

(1) 申請の対象とならない活動

次のいずれかに該当する活動(事業)は、申請の対象から除外します。

ア 千葉県や公益財団法人千葉県文化振興財団が主催、共催する事業

イ 千葉県や公益財団法人千葉県文化振興財団から補助金、支援金、助成金、委託費等が支給されている事業又は支給を予定されている事業

ウ 千葉県及び公益財団法人千葉県文化振興財団が管理運営する各施設(※)との共催事業や提携事業

(※)千葉県文化会館、千葉県東総文化会館、千葉県南総文化ホール、青葉の森公園芸術文化ホール、千葉県立美術館

エ 国際親善や市民レベルでの文化交流を目的とするもの

オ 宗教的又は政治的な宣伝・主張を目的とするもの

カ 慈善事業等への寄付を主な目的とするもの

キ 公序良俗に反する恐れがある活動をするもの

ク 支出以上の収入が見込める活動をするもの

(2) 申請の対象とならない者

次のいずれかに該当する者は申請の対象から除外します。

ア 暴力団員等(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団をいう。)

イ 県税及び千葉県に対する債務の支払い等の滞納がある方

助成金及び対象経費等

(1)助成金

一件あたり上限50万円とし、次の経費を助成対象とします。

(制作活動に必要な制作費、会場使用費、印刷費、郵送費、著作権料、保険料など事務費、発表等の当日運営費、その他制作活動にあたって必要な経費と認められるもの)

(2)助成対象外経費

次の経費は助成対象経費として計上できません。

ア 交際費、接待費、飲食費

イ 諸給与、生活費

ウ 事務所の維持費、管理運営費

エ 行政機関・金融機関に支払う手数料(パスポート取得経費、印紙代、振込手数料等)

オ 個人やグループの財産となるものの購入費(機材購入費、事務機器、事務用品の購入・借用費、CD・書籍等資料購入費など)

申請について

(1) 申請期間

令和6年1月15日(月)から令和6年1月31日(水)まで(消印有効)

※受付期間を過ぎた申請は一切受け付けません。

(2) 申請方法

次の書類を提出してください。両プログラム共に希望する場合、1枚の申請書に両プログラムとも記載してください。

・申請書(第1号様式個人用)    
≪Excel版≫  
≪PDF版≫

    (第2号様式グループ用)  
≪Excel版≫  
≪PDF版≫

・誓約書(第3号様式)       
≪Word版≫  
≪PDF版≫

・申請時から過去2年以内に制作した作品(各分野によって提出方法が異なります。)

・ポートフォリオ(様式は自由、これまでの活動実績のわかるものをPDF形式で作成。)

※申請方法や申請時の提出物については各分野の募集要項をご覧ください。

【募集要項】

絵画・彫刻

デザイン

軽音楽

ダンス

説明会の開催(説明動画は終了しました)

申請希望者を対象に説明会を実施します。説明会参加希望の方は、下記のアドレスにメールで申し込んでください。

日時:令和5年12月13日(水)午後1時30分から

会場:千葉県南総文化ホール(館山市北条740-1)

日時:令和5年12月14日(木)午後1時30分から

会場:千葉県東総文化会館(旭市ハの666)

日時:令和5年12月15日(金)午後1時30分から

会場:青葉の森公園芸術文化ホール(千葉市中央区青葉町977-1)

  • 令和5年度
    申請受付
    令和6年1月15日(月)~令和6年1月31日(水)必着
  • 一次選考
    (書類審査)2月
  • 二次選考
    (面接審査)3月上旬
  • 支援対象者決定
    3月下旬
  • 令和6年度
    活動の実施
  • 活動成果の発表
  • 報告書提出

絵画・彫刻

井浦 歳和

ギャラリスト
プロフィール

1974年東京生まれ。2009年ロイドワークスギャラリーを開業。 数々の企画展を手がける他、BSフジのTVプログラム「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」統括プロデューサー。

泉 東臣

画家
プロフィール

1979年千葉県生まれ。2003年東京藝術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業。2004年第15回 臥龍桜日本画大賞展 奨励賞受賞。2005年同大学院美術研究科修士課程デザイン科描画装飾研究室(中島千波研究室)修了。修了制作 デザイン賞受賞。2010年~2012年東京藝術大学美術学部非常勤講師。2017~2021アートギャザリング公募展IAG AWARDS審査員。現在、日本美術家連盟会員。

金巻 芳俊

彫刻家
プロフィール

1972年千葉県生まれ。99年多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業。「人間とは何か?」を主題として追求している。現代人ならば誰しも持ち合わせている両義的な迷いの感情を「アンビバレンス」と呼称した概念で木彫刻として彫り出している。多様性を謳うこの時代は誰も明確な答えを持ち合わせず何が正しいのかもわからない。そんな迷いの時代にどういう表現が必要なのか常に考えている。2012年損保ジャパン美術財団選抜奨励展新作秀作賞受賞。日本国内をはじめ台湾、中国、香港、アメリカ、フランス、ドイツ、英国など海外からも絶大な人気を誇る。本の装幀に採用多数。

金丸 悠児

画家
プロフィール

1978年神奈川県生まれ。2003年東京藝術大学大学院デザイン専攻修了。大藪雅孝と中島千波という日本の二大巨匠に薫陶を受ける。社会におけるアートの役割を常に意識し、アーティスト集団CDEPOTを設立、中心メンバーとしても活躍している。2015年「金丸悠児作品集 -時を運ぶ者たち-」刊行。2021年金丸悠児展(おぶせミュージアム・中島千波館)。国際アートフェアにも多数出展、とりわけアジア圏では絶大なる人気を誇る。

木原 千春

画家
プロフィール

1979年山口県生まれ。高校中退後、独学で絵画を学ぶ。1999年ギャラリー伝にて初個展。主な個展、グループ展、アートフェア参加に、「VOCA2006」(上野の森美術館、東京)、「Vitalism」(roidworksgallery、東京、2012、以降 2014 年を除き現在まで毎年開催)、「ペコちゃん展」(平塚市美術館、神奈川、2015)、「face to face Vol.II」(Bunkamura Gallery、東京、2022)など多数。その他、星野リゾート界長門のメインロビー作品制作(2020)、BSフジ「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」出演(2016)、日本テレビ「THE ART HOUSE~そのアートは 100 年後に残せるか~」(2022)出演。日本の現代アートの魅力を発信する ANA によるアートプロジェクト「OFF TO ART」に参加。ANA の国内線の機内放送にて紹介されるなど、その活躍に注目が集まっている。

藤原 さゆり

アートプロジェクトコンサルタント
プロフィール

近代絵画を扱う画廊にて勤務後、自身でギャラリーを主宰。ロンドン大学バーベックカレッジアーツポリシー&マネジメント修士課程修了、ウエストミンスター大学アート&ヴィジュアルカルチャー修士課程修了。寺田倉庫アート事業の立ち上げの後、企業や行政のアートコーディネート、アート事業コンサルタントを行う藤原羽田合同会社を設立。企業や地方自治体などのアートプロデュース、コンサルティング、キュレーションなどアート事業全般を手がけている。藤原羽田合同会社代表、NINE LLP.ディレクター。

デザイン

植田 憲

千葉大学教授
プロフィール

2002年3月千葉大学大学院自然科学研究科多様性科学専攻博士後期課程修了(博士(学術))。専門はデザイン論・デザイン史・地域活性化計画。2002年8月より千葉大学デザイン文化計画研究室においてデザイン教育・研究に従事。地域資源活用に基づく内発的地域活性化、ならびに、地域の造形資源のデジタルデータの取得・保存・活用に基づく地域活性化を国内外において推進。千葉県内における実績も多数。2021年4月より、千葉大学デザイン・リサーチ・インスティテュート教授、デザイン・リサーチ・インスティテュート長を兼任(現在に至る)。

阿部 厚司

(株)ミライノラボ取締役COO
プロフィール

千葉県君津市出身。民間でホテル・MICE事業・広報を担当した後、公的機関での起業支援・海外進出支援などの経験を経て 2016年より千葉大にて地方創生推進事業(COC+)の地域コーディネーターとして現在まで県内各地で活動。2018年には千葉大発ローカルベンチャーのミライノラボも共同設立し、学生と共に地域に入り自治体・民間団体・地域住民とも協働しながら主にスポーツツーリズムや地域資源活用による地域振興など、社会実装型の活動を提案している。

佐藤 公信

千葉大学教授
プロフィール

1984年千葉大学工学部工業意匠学科卒。1987年同大大学院工学研究科工学修士修了、2001年東京大学博士(工学)取得。1992年千葉大学助手、2007年千葉大学准教授、2011年千葉大学教授、2021年千葉大学デザイン・リサーチ・インスティテュート教授として現在に至る。日本デザイン学会幹事、日本展示学会理事。専門分野は、環境デザイン、空間演出デザイン、展示デザイン等。より良い生活環境形成のために利用者の行動に焦点を当て、環境デザインによる活動支援をテーマに教育・研究を行っている。

西田 直海

NPO法人Drops理事長
プロフィール

2006年千葉大学工学部都市環境システム学科卒。2005年「建築、デザイン、教育など総合的なプロデュースによるまちづくり」を目指す組織Dropsを立ち上げる。市民・行政・企業等を横断的につなげ、楽しさと誇りのある暮らしを共に創造し、新しい知恵や動きを生みだしていくことを目的に活動している。

軽音楽

依知川 伸一

ベーシスト
プロフィール

1961 年 4 月 20 日生まれ、千葉県横芝光町出身。成東高校入学と同時に音楽活動開始。成蹊大学在学中にプロデビュー。以後 40 数年、ベーシストとして沢田研二をはじめ、様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加。

自身のバンド『BARAKA』は結成 26 年、17 枚のアルバムをリリース。(7 枚目からフランス・ムゼアレコードと契約、世界発売となる) 2021 年 1 月、17 枚目のアルバム『Maverick』(UICZ-4491)をユニバーサル ミュージックよりリリース。2000 年から毎年海外ツアーを行い、数多くの有名フェスティバルに出演している。2018 年、2019 年は世界屈指のプログレフェス『Cruise to the Edge』に出演、YES や FOCUS 等のレジェンドたちとの共演を果たす。

また、プロベーシストの会『地下室の会』(1998 年設立) 副会長として、数々のイベントをプロデュース。東日本大震災や熊本大震災の復興支援コンサートを行ってきた。

2014 D's Studio All Right Reserved

石川 武

パーカッショニスト
プロフィール

1961 年 9 月 9 日生まれ 東京都出身。 独協大学在学中より、江尻憲和氏主催のリズム教育研究所に研究員として参加、ドラムス、ラテン・パーカッションの研究及び演奏活動を開始。

1992 年よりオカリナ奏者の“宗次郎”ツアー・メンバーを発端に、カナダ人フルート奏者 RON KORB、神崎ひさあき(Sax.)、江川ほーじん(Bass)、舟木一夫コンサート、Spit Funk、尾崎紀世彦コンサート、堀内孝雄コンサート、里見浩太朗コンサート他にパーカッショニスト及びドラマーとして参加。同級生ミュージシャンユニット 61 年会に参加のほか、自己のラテン・ジャズ・バンド「EL MOJITO」活動再開を準備、宝塚コンサートやディナーショー参加、61 年会スピンオフバンドなど、数々のセッション、レコーディングも精力的にこなしている。

現在はリズム教育研究所を退所、昭和音楽大学にて後進の指導を鋭意行っている。

Photo by Moe

安達 たけし

作・編曲家/ギタリスト
プロフィール

1973年8月11日生まれ 横浜市出身。バークリー音楽大学(Contemporary Writing and Production)卒業。同校の教授でギタリスト・トモ藤田に 3 年間師事。在学中、ボストン日本領事館・新年イベント総合音楽を担当。

ミッキー吉野(ゴダイゴ)の全権委任で、中国初のポピュラー音楽大学となる「北京現代音楽院」へ筆頭教務アドバイザーとして渡航。リハーサルスタジオ・レコーディングスタジオ Moonrise STUDIOを設立し、様々なアルバム、シングル製作、楽曲提供、アレンジ提供、レコーディング等をプロデュース。2003 年、ギター教室「GUITAR の東大」を設立、2008 年、音楽教育業・スタジオレコーディング業を主体業務とする「株式会社アダチ音研」を設立。同社、代表取締役を務める。

コンテンポラリーダンス

多田 淳之介

演出家
プロフィール

1976 年生まれ。千葉県柏市出身。

演出家。東京デスロック主宰。古典から現代戯曲、ダンス、パフォーマンス作品まで幅広く手がけ、現代社会に於ける当事者性をアクチュアルに問い続ける。創作活動と並行して公共劇場の芸術監督や自治体のアートディレクター、フェスティバルディレクターを歴任し、国際・教育・地域を活動の軸に海外公演や国際コラボレーション、国際交流による人材育成プログラム、教育機関や地域でのアートを活用したプログラムなどを数多く手掛け、国内外で幅広く活動する。2013 年日韓合作『가모메 カルメギ』にて韓国の第 50 回東亜演劇賞演出賞を外国人演出家として初受賞。東京芸術祭プログラムディレクター。四国学院大学、女子美術大学非常勤講師。

加藤 弓奈

急な坂スタジオディレクター
プロフィール

早稲田大学第一文学部演劇映像専修卒。在学中からインターン生として横浜の小劇場「ST スポット」で制作アシスタントを務め、卒業と同時に就職。2年後には館長に就任。2006 年、育成型の稽古場施設「急な坂スタジオ」の立ち上げに参加。2010 年 4 月、ディレクターに就任。以降、若手アーティストや、利用者の創造活動をサポートするプログラムを継続的に実施。

神村 恵

ダンサー・振付家
プロフィール

ダンサー・振付家。幼少よりバレエを学ぶ。2000 年、国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。2004 年より自身の作品の振付・上演を開始し、国内外で公演を行う。美術家との共同制作も多く、ダンスに収まらないパフォーマンス作品も発表している。近年の主な作品に、『彼女は 30 分前にはここにいた。#2』(2020 年、国際芸術センター青森)、『新しい稽古』(2023 年、BankART KAIKO)など。場所との応答関係で動かされる身体に関心を持ち、2022 年、東京都国分寺市にてスタジオ「ユングラ」の運営を開始。同年、複数のアーティストと共に、場所の固有性から表現を立ち上げる「プロジェクト・ユングラ」を始動。2021 年度より、セゾンフェローⅡ。

岩渕 貞太

振付家・ダンサー
プロフィール

振付家・ダンサー。玉川大学で演劇を専攻、平行して、日本舞踊と舞踏も学ぶ。2007 年より 2015年まで、故・室伏鴻の舞踏公演に出演、今日に及ぶ深い影響を受ける。2005 年より、「身体の構造」「空間や音楽と身体の相互作用」に着目した作品を創りはじめる。2010 年から、大谷能生や蓮沼執太などの音楽家と共に、身体と音楽の関係性をめぐる共同作業を公演。2012 年、横浜ダンスコレクション EX2012 にて、『Hetero』(共同振付:関かおり)が若手振付家のための在日フランス大使館賞受賞、フランス国立現代舞踊センター(CNDC)に滞在。自身のメソッドとして、舞踏や武術をベースに日本人の身体と感性を生かし、生物学・脳科学等から触発された表現方法論「網状身体」開発。玉川大学と桜美林大学で非常勤講師を務める。DaBY レジデンスアーティスト。

Sakiko Nomura