ご利用の流れ

利用時間
午前 午後 夜間 全日
8:30~12:00 13:00~17:00 18:00~21:30 8:30~21:30
お申込みからご精算までの流れ

1空き状況の確認

事前にお電話等でご利用を予定されている施設の空き状況をご確認ください。

ご利用時間には、準備・片づけに必要な時間を含めてください。

2仮予約

ご利用される日が決まりましたら、ご来館される前にお電話で仮予約をしてください。

3申込書の提出

利用申込書と利用計画書等に必要事項をご記入のうえ、会館事務室にご提出ください。

利用申込書に記載する内容

主催者=請求あて名(住所、氏名、電話番号等)

会場責任者(住所、氏名、電話番号等)

催し物(名称、内容、時間、入場料等)
情報公開の可否

ホールをご利用される方

利用申込書のほか、「利用計画書」と「主催者側防火担当責任者及び防火管理体制等届出書」をご提出いただきます。

新規にご利用される方

会社概要や他施設での利用実績がわかる資料をご提出いただきます。

4利用の内定

利用申込書の受理後、10日ほどで利用承認内定通知書を送付いたします。

5利用料の納入

利用承認内定通知書に記載されている納入期限内に利用料(会場利用料相当額)をお支払いください。

お支払い方法

① 会館窓口で現金でのお支払い

② 指定銀行口座へのお振込み

(振込手数料はご利用者の負担となります。)

6利用の承認

利用料納入後、利用承認書をお渡しいたします。

利用料納入後、主催者のご都合で利用の取消しをされた場合、納めていただいた利用料は返還できませんので、あらかじめご了承ください。

7下見・打ち合わせ

会場の下見や公演当日に利用される舞台備品等についての打ち合わせを行います。

下見

下見を希望する施設が利用されていない場合のみご覧いただけます。会館スタッフが同行しご案内させていただきますので、あらかじめ下見の日程調整をお願いします。

打ち合わせ必要書類

舞台レイアウト図、タイムスケジュール、許可行為(掲示物、物販等)、禁止行為の解除申請書等

打ち合わせ内容

仕込みからリハーサル、本番、撤去までのタイムスケジュールや舞台レイアウト、利用される備品、ロビー、楽屋の利用方法、入場方法等について確認いたします。

8附帯設備利用料の精算

ステージ上の照明やマイクロホン機器、楽屋等の附帯設備利用料は、利用日当日に現金でご精算ください。